仕事などにより規則正しい時間に眠れていない人が増えています。それ以外にも睡眠を妨げる原因は沢山あるので、数あるパターンの中で有名なところを解説していきます。

あくびを出す女性たち
  • ホーム
  • さまざまな眠れないパターンとは

さまざまな眠れないパターンとは

起きたばかりの女性

夜になると眠れないということは、誰にでも起きることです。
この眠れない夜が1日くらいであれば影響は出ないかもしれません。
ですが何日も続くことで睡眠不足に陥って、日中の仕事や行動に重大な影響を与えて仕舞う危険があります。

睡眠不足の時は脳にも影響があり、前頭葉や頭頂葉への血流が著しく悪くなることが判明しています。
脳の前頭葉や頭頂葉は意思決定や問題を解決するほか、記憶などにも関わっている重要な部分です。
この部分の活動が極めて悪くなると、あらゆる行動に支障が現れ始めます。

睡眠は脳内の掃除が行われる時間で、睡眠不足になると脳が縮小することにも関連があるとされています。
デュークNUS医科大学院の2014年の研究において、加齢と共に睡眠時間が短くなることで脳の老化も早まると報告されています。
人はメラトニンという脳の松果体から分泌されるホルモンがあり、このホルモンは体内時計に働きかけて覚醒と睡眠の切り替えを行い、自然な眠りを誘います。
メラトニンは夜間に多く分泌されますが、年齢や夜間に強い光を浴び続けることで体内時計が乱れて、ホルモンの分泌が抑えられます。
これが眠れない原因のひとつとなります。

睡眠不足の判断にはほぼ毎日、休憩時間や昼食後などに眠気を感じたり、タバコやコーヒーがないと頭や身体がしゃんとしないなどがあげられます。
こうなってしまうと、判断力や注意力・思考力などが極めて損なってしまい、重大なアクシデントを発生さるリスクを孕んでいます。

眠れない時にはメロセットなどの睡眠導入剤を利用すると共に、日常生活においても改善することがいくつか有ります。

  • 朝起きる時間を毎日同じにしてリズムを身体に覚えさせる
  • 出かけない日でもカーテンを開けて朝日を浴びる
  • 朝食をきちんと食べる
  • 寝室は間接照明などで暗くするなど

もしも昼寝をしたい場合は、午後3時までに15分から30分ほどにしましょう。

睡眠導入剤のメロセット

睡眠不足になってしまうことによって、体に疲れが溜まる他にも、肌荒れ、頭痛が発生してしまうことがあるでしょう。
また、冷静な判断ができなくなったり、上の空になってしまうこともあるでしょう。
日中、常にぼんやりしてしまうことで昼と夜の区別がつかないような状態にもなりかねないものです。

そういったことを防ぐため、十分なす意味が取れない時は早く解決するためにも、睡眠導入剤のメロセットを利用すると良いです。
メラトニンが分泌されるようになればすっきりと眠ることもできるものです。
眠れないことで薬に手を出すのは避けたいという人も多いですが、そうしないと仕事にも影響が出てしまいますし、薬を飲むリスクよりも睡眠不足によるリスクのほうが大きくなって困ることもあるものです。

睡眠は生きていくためにも重要なことですし、眠れないことは、健康に生きていくために重大な問題であるということを知っておくと良いでしょう。
また、一般的に高齢になると疲れるような仕事が少なくなることから、運動不足で眠れないという場合が多くなる傾向がありますが、睡眠不足は年齢に関係なく、誰にでも起こり得るものです。

若い人であれば悩みやストレスで眠れなくなることというのが多いですし、また夜更かしすることで眠れなくなることもあります。
若いうちは夜に行動することも多いので、それで目がさえてしまって眠れなくなることがあるからです。

また、寝る前にスマートフォンを見ながら寝落ちできる人は良いのですが、多くの人はスマホの画面から発せられるブルーライトで眠れなくなってしまうことがあります。
寝る1時間前にはスマホなどの液晶画面は見ないようにすること、そしてそういった習慣を身につけるようにすることも大切になります。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧