仕事などにより規則正しい時間に眠れていない人が増えています。それ以外にも睡眠を妨げる原因は沢山あるので、数あるパターンの中で有名なところを解説していきます。

あくびを出す女性たち
  • ホーム
  • 寝付けはするが、頻尿で目覚めるので寝不足を感じる

寝付けはするが、頻尿で目覚めるので寝不足を感じる

あくびをする男性

寝不足となってしまうのは寝つきが悪いせいだけではありません。
寝付きはよくても深夜に尿意を感じて目覚めることで寝不足となってしまうことがあるのです。
このように夜間に起こる頻尿によって眠れなくなると、翌朝もすっきりと目覚めることができなくなり、健康を害する要因となってしまいます。
特にある程度、年齢を重ねるとこうした症状が出やすく、人によっては大きなストレスとなるのです。

ここで気になるのが、深夜にどの程度、トイレに起きてしまうことを夜間頻尿といえるのかというと、実は回数は1回でも該当します。
人間は睡眠時間になると尿意を抑制する抗利尿ホルモンが分泌されますので、眠る前にトイレに行っておけば、基本的に夜中にトイレに行きたくて目覚めるようなことはないのです。

では、なぜ深夜にトイレに行きたくなるのかというと、まず考えられるのが先述した抗利尿ホルモンの分泌不足です。
40代からこのホルモンの減少は始まってくるとされていますので、加齢によって頻尿になっていく人が増えていくのです。

他にも眠れないほどの頻尿が起こるのは膀胱炎を患っている可能性もあります。
特に女性に多いのですが、この場合、頻尿以外にも残尿感を覚えることが珍しくありませんので、他にも気になる症状があれば早めに病院で診察を受けた方がよいでしょう。

膀胱炎以外では生活習慣病からくる多尿ということも考えられます。
よく頻尿と勘違いし、見逃してしまいやすい症状ですが、特に深夜に目覚めてしまうほどの尿意を感じる場合、高血圧や心不全、睡眠時無呼吸症候群などの症状である多尿が起きていることがありますので気を付けなければいけません。

このように寝つきが良くても目覚めてしまう頻尿は病気が隠れていることが否定できないのですが、もう一つ、症状を悪化させる要因となるのがストレスです。
頻尿で寝不足が続くことで日常生活に支障をきたしてくると、それが余計、気になってしまうという心因性の頻尿を招くこととなるのです。

頻尿から考えられる原因

尿の回数が多い、頻繁にトイレがしたくなることを頻尿といいますが、一般的には朝起きてから夜眠るまでの間に尿の回数が8回以上ある場合を頻尿といいます。
回数が多いだけではなく、残尿感もあります。
よく多尿と間違われることもあります。
頻尿は尿の回数が多く、多尿は尿の量が多くなることをいいます。

原因としては、水分の摂取し過ぎや、加齢、泌尿器の病気が挙げられます。
コーヒーやお茶、ビールなどを沢山摂取すると利尿作用があるため多尿や頻尿になります。
年齢が上がるにつれて寝付きが悪く深夜に目覚めることから尿をしたくなる回数が増えていくこともあります。

そのため、深夜に何回も起きることから寝不足になってしまうこともあったりします。
これは、深夜に尿を濃縮するホルモンの分泌が減ることで尿の濃縮ができなくなり尿の量が増えるためです。
病気からくるものとしては、膀胱や尿の通り道が細菌に感染して膀胱炎、尿道炎、などになり頻尿をひきおこしたりもします。

加齢や、泌尿器の病気だけが頻尿に原因とは限りません。
心因性頻尿といって、精神的なストレスや心理的な不安などの要素が大きく関係してくる頻尿もあります。
心因性頻尿は様々な原因が考えられるのですが、ストレスが関わっていることが多いのと本人の心の状態にも原因があると言われています。
ストレスの原因としては、人間関係や、家庭、会社、学校での悩みなど色々あります。

また、精神的に緊張をすることから尿意を覚えて我慢ができなくなり、常に尿の心配をしてしまったりするため、余計に尿の回数が増えます。
そうして頭の中で常にトイレの事しか考えられなくなって、トイレに行けなかったらどうしようと悩み、身体が緊張するといった悪循環から外に出られなくなってしまうケースもあります。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧