仕事などにより規則正しい時間に眠れていない人が増えています。それ以外にも睡眠を妨げる原因は沢山あるので、数あるパターンの中で有名なところを解説していきます。

あくびを出す女性たち
  • ホーム
  • 逆流性食道炎とはどんな症状が生じるのか?

逆流性食道炎とはどんな症状が生じるのか?

逆流性食道炎とは食べ物を消化するのに使われる胃液が食道に上がることで炎症を起こすものです。
人間が食べ物を口にした際に、先に言ったとおりに食道から胃に送られ、さらに胃の表面から分泌される強酸性の液に浸かることでゆっくりと消化されていきます。
ただ強酸性の液体が人体にとってもリスクなので、胃と食道の間には蓋となる弁があり消化中は密着し液が食道に上がらないようにしているのです。

逆流性食道炎の原因は主に暴飲暴食と肥満が関係しています。
暴飲暴食をすると胃の中が圧迫されることで、その中の物を完全に消化するために通常よりも多く胃液を分泌してしまいます。
その過剰分泌が続くことによって、胃液をふさぐ弁がただれてしまい役目を果たさなくなることで起きます。

肥満の場合には、その胃液をふさぐ弁に付着して肥大化させ形が変わります。
それによって暴飲暴食と同じように弁が役目を果たさくなります。
この2つの要因がどちらかもしくは両方起きることによって、本来ふさがれるはずの弁が開くことで例えば仰向けになるなど姿勢を変えることで食道に上がってしまい胃液で食道が焼けただれてしまうのです。

逆流性食道炎の症状としては、胃液によって粘膜を刺激するので胸やけやげっぷなどみぞおち周辺に違和感が出始めます。
この段階で違和感を感じ医者に行けば、内服薬で胃液の分泌を抑制するネキシウムや生活習慣を改善することで自然治癒が可能となります。
しかし仕事や学業の忙しさや人間関係の構築でどうしても飲み食いが外せない状況となり、その違和感よりも先にいってひどくなることはよくあります。

ただ注意しなければならないのは逆流性食道炎は胃がんもしくは食道がんの発症リスクを引き上げてしまうことです。
ただでさえ胃酸は強力な酸なのに、その酸が常に食道にかかる状態になれば食道の組織が変容しがんになるという仕組みなのです。
逆流性食道炎がひどくなった時には内視鏡手術を行い、弁をもとの状態に戻すもしくは代わりの弁を用いてふさぎ治療するという方法を取ります。

逆流性食道炎に効く薬

逆流性食道炎と言いますのは胃液そのものが食道へと逆流することを通して胸焼けや吐き気それから、胸の痛みや、喉の違和感などの特有の症状が出現します。
これに関しては普通であれば消化している間の胃の内容物が逆流しないようにしている下部食道括約筋に関する機能が悪くなっていたりします。
ほかにも、胃の内圧自体が急上昇するなどして非常に強い酸性の液体を抱えている消化中の食物が食道へとさかのぼって食道を傷つけ、がんの要因にもなることがあります。

逆流性食道炎は主として高齢になる程発症率が高くなります。
逆流性食道炎が起こる原因は過食あるいは服の締め付けや生活習慣の悪化などです。
自分自身の意思でコントロールすることができないのが胃液になります。
その為に、手術の前に医療施設で処方してもらうのがネキシウムです。

ネキシウムの機能は胃酸分泌を抑えることで特有の症状を和らげることにあります。
ネキシウムに関しては逆流性食道炎のみならず、胃潰瘍、あるいは十二指腸潰瘍といった胃酸過多が影響を及ぼして粘膜を刺激して出る消化器系統の疾病の治療薬としても用いられています。
作用そのものが強力なことから、逆流性食道炎、あるいは胃潰瘍といった治療の第一選択薬という形で活用されています。

しかし作用が強いことから服用期間が6から8週間程度とされており、それを上回る服用の場合には、リスクを回避するために異なる胃酸を抑制する薬に処方薬をチェンジする必要性があります。
副作用としまして血小板、あるいは白血球が少なくなる副作用であるとか、アナフィラキシーショックをもたらすこともあることから、なにかしらの異常が出現した場合には速攻で医者に相談を持ち掛けるようにしましょう。

関連記事